KEIBANEXT

競馬場、馬券、予想、一口馬主、グルメ、その他諸々に関するブログです。

JBC2016

地方競馬見始めて5年くらいになるけど、JBCが拷問に思えてきた(笑)

当たらないよね、JBC(笑)

6頭くらいに絞れてもそこから先へ進めない。別に先に進まず三連複6頭ボックスでいいじゃんとするのも方法でしょうが、20点買いは私の馬券ガイドライン違反(なんやそれ)になるのでできません。

地方交流重賞は払い戻しが激安であるとの先入観もあるので、適当な理由を付けてギリッギリまで絞り込む。ここがハズレる原因になっています。

結果を見ればJRA同士の決着でも20数倍もついて、ああ単純に買えばよかったとなるわけです。

016

今年も勝利を掴めんかった競馬野郎でした。

2016年のJBCではソルテが中央勢を負かして優勝するのではと期待していたのですが、残念ながら夢はかないませんでした。代わりにといっては何ですがレディスクラシックで地方馬が3着に食い込みましたね。

JBCにおける地方馬の位置づけが年々難しくなっている中で、馬券に絡んで存在感を示したことには大きな意味があったと思います。

地方所属馬の関係者のSNSを拝見するとJBCにかける熱意が伝わってくるので、5年に1頭でもいいので有力馬主が中央勢を脅かす馬を地方の厩舎に預託して欲しいなあと願っています。

017
 
現地観戦してないので川崎競馬場前商店街で呑むわけにはいきませんでした。もっとも行っても素寒貧になり、どこにも立ち寄らず首をすぼめて南武線に乗っていたでしょう。

2017年は大井開催が決まっていて、また近場かよといった思いです。JBCは遠征も楽しみのひとつなんですよ。だからその点において2015,2016年のJBCは面白くなかったですわ。早くも2018年の開催地に期待を寄せています。

東京地方は夜になると冷え込むようになりました。体に気を付けて次のJBCまで頑張りませう。私は来年JBCやるかどうかわからんけどね。

※最近ツイッターで呟いている事はここと無関係です。 

今週木曜日はいよいよJBCだけど水曜日のロジータ記念も忘れちゃいけない。いずれにしても川崎競馬場が燃え上がるという話です。

こんばんは。気が付けばJBCウィークに入ってしまいました。

盛岡JBCがついこの前のように思い出されますが、あれからもう2年も経っているとは時の流れの速さは恐ろしいものです。

そのときのキャラバンの隊員だった谷桃子さんが今回のJBCの顔になっていて、JBCならではの連続性を感じられて、地方競馬をウオッチしていてよかったとしみじみ思うわけです。

※JBCはタレントさんと距離が近いイベントなので、ファンは応援に行かれる事をお勧めします。但、タレントさんが嫌な気持ちになる行為は控えましょう。

そんなこんなで今年のJBCですが、川崎でやるならちょっくら行ってみるべ、という競馬ファンもいるのではないでしょうか。川崎競馬場は2016年に改装して新しくなりました(改装して古くなる事は有り得ないが・・・)。

隣接する商業施設と融合した空間になっていて、え?これがあの川崎競馬場!?と驚かれる方もいると思います。

007

え?ここどこ!!?正解は川崎競馬場です。

025
 
JRAより綺麗になってしまった馬券売り場。空調も完備。これまでの銅線に電気を流して温める特殊機器は無くなりました。

022
 
うっそーん!?みよしタンメンと志ら井の煮込みのあった食堂がフードコートに変身!!

011
 
何だ!!万券通りって!!!本命買ってる場合じゃないなこりゃ!!!!!

017
 
わっしょーいい。勝利の美酒に酔ってへべれけな人たちで一杯だ! ボクもアタシもこの酔っ払いに続けぇーーぃ!※飲酒運転はいけません。

といった感じで川崎競馬場はトンデモな場所になってしまいました。これは現地へ行って体感して欲しいレベルです。 

川崎競馬場場内散歩

川崎競馬場グルメ特集前編

川崎競馬場グルメ特集後編

川崎競馬場駐車場情報

別サイトにて川崎競馬場についてまとめていますので、宜しければお立ち寄りください。上記リンクからアクセスいただけます。