KEIBANEXT

競馬場、馬券、予想、一口馬主、グルメ、その他諸々に関するブログです。

藤原泰衡

世界遺産平泉を巡る  高館義経堂

高館義経堂は世界遺産を構成していませんが奥州藤原氏と関連のある史跡なので寄ってきました。

平泉 高館義経堂 (1)

看板は見つけやすいです。看板から少し行った所に専用駐車場があります。

平泉 高館義経堂 (2)

結構な急坂です。

平泉 高館義経堂 (11)

有料ゾーンと無料ゾーンがあり、この日は無料ゾーンのみ見てきました。有料も見ときゃ良かったなぁ。

高館義経堂は坂の後に急こう配の階段が待っています。

平泉 高館義経堂 (5)

階段を上りきると分かれ道に。まずは義経堂からご紹介します。

高館義経堂は奥州藤原氏の居館の一つで、平泉に落ち延びてきた源義経を匿った場所です。

源義経は壇ノ浦で平家を打ち滅ぼした功労者でした。

しかし頼朝に許可なく検非違使に就いたり、平家との戦で指示、権限を無視した事などを理由に

頼朝からは罪人扱いを受けます。 

加えて頼朝が義経を討つ行動を取ったため義経は京都を去らざるを得なくなり、

若い頃、鞍馬寺から逃げ出した際に匿ってもらった藤原秀衡のもとへ落ち延びました。

平泉 高館義経堂 (8)

平泉 高館義経堂 (10)

画像は義経が暮らしていた館。

秀衡は義経の為に頼朝との戦に備えていたのですが急死してしまいます。

秀衡の後を継いだのは四代目藤原泰衡でした。

泰衡は、義経を護るようにとの秀衡の遺言があったにも関わらず、

源頼朝からの度重なる脅しと嫌がらせに屈し、義経を裏切ります。

高館堂にいた義経を襲撃し、追い詰められた義経は高館義経堂にて自害したと言われています。

平泉 高館義経堂 (9)

義経そして父秀衡の遺言を裏切った泰衡ですが、頼朝の意向に沿った行動を取りましたが、

その後頼朝の東北征伐により滅ぼされてしまいます。

どのみち頼朝に攻め込まれるなら義経を大将にして頼朝と戦をしても良かったのではないかというのが

一般的な評価です。

 平泉 高館義経堂 (3)

芭蕉の句碑。

なつくさや つはものどもが ゆめのあと

かつて栄華を誇った奥州藤原氏。打倒平家を果たし理想の国家設立を夢見た源義経。

彼ら英雄たちが暮らしたかつての日本第二の都市も、今目の前には夏草が生い茂っているだけである。

彼らの栄華も歴史全体で見れば一炊の夢の如し。

夏草を見ているともののあはれを感じる。

ポップに解釈するとこのような感じでしょうか。

平泉 高館義経堂 (7)

国破れて山河あり。城春にして草青みたりと。

笠内敷きて。時のうつるまで泪を落とし侍りぬ。

平泉 高館義経堂 (6)

「切ないね。」では伝えきれない様々な思いを簡潔にまとめた秀逸の詩です。

奥州藤原氏について思い出してみる。

盛岡競馬場へ行くドライブの旅の寄り道先として世界遺産のまち平泉に行ってきました。

世間一般では平泉がメインで盛岡競馬場がオマケでしょうが気にしてはいけません。

さて、平泉は姫路城や富士山のように一つの史跡、山で世界遺産に指定されたわけではありません。

平泉にある 5つの文化財を足し合わせて世界遺産に認められました。

姫路城と富士山が柔道の一本勝ちなら平泉は効果を5つ取って合わせ技一本といった格好です。

世界遺産の構成5資産は中尊寺以外は初耳です。管理人が無知なだけかも知れませんが。

・中尊寺

・毛越寺

・観自在王院跡

・無量光院跡

・金鶏山

文化遺産は歴史を予習した方が面白いので、簡単(=雑)に奥州藤原氏について触れたいと思います。



初代奥州藤原氏は藤原清衡と言われています。

それまでの藤原家は、清衡の父・経清が陸奥国の豪族安倍氏の手下として働いていました。

前九年の役で安倍氏が滅ぼされ、経清は戦犯として死刑になりました。

経清の妻(=清衡氏の母)は敵方清原武則の息子・清原武貞と再婚し清衡は死を免れます。

その後清原家の養子になった清衡ですが、清原家の領土問題に巻き込まれます。

清原武貞の息子の真衡、家衡らと争う事になりますが源義家の介入等で清衡が勝ちます(後三年の役)。

その結果養子の清衡が清原家の所領を継承する事となり、その際に姓を藤原に戻します。

これが奥州藤原氏の始まりと言われています。

これまで藤原家は地元の権力者安倍氏と清原氏に頭が上がらなかったわけですが、

彼らが相次いで朝廷側に滅ぼされ藤原氏に権力が転がってきた格好です。

少し話がそれますが、信長と秀吉がいなくなって天下が転がり込んだ家康と重なります。

話を戻しますと、その後の藤原清衡は朝廷と良好な関係を築く事に努めました。

そのため戦が起きなかった奥州の地は大いに栄えました。

ここから話は二代目に移るのですが、二代目基衡は父清衡と逆に朝廷に対して強硬な姿勢を取りました。

これは当時の中央の権力者藤原頼長が荘園領主の立場にかこつけて無理難題を要求してきたため

といわれています。

平安時代は荘園制の下、農業経営の優れた地方の地主が賄賂等で国司を抱き込み

朝廷や貴族に対して強気になれた時代でした。

中尊寺は初代清衡、毛越寺と観自在王院は二代目基衡、無量光院は三代目秀衡が作ったと言われています。 

この後のエントリーで見ますが、奥州藤原氏の京都に対する憧憬と対抗心が建物デザインに表れます。

ご参考
競馬場トピックス
RSS