KEIBANEXT

競馬場、馬券、予想、一口馬主、グルメ、その他諸々に関するブログです。

ドライブ

被災地を巡る  陸前高田市 黒崎仙峡温泉

平泉で平安ロマンに刺激を受け、陸前高田で被災地について考えさせられ、ますます競馬がどこかへ行ってしまった感があります。

今回も陸前高田市に関するお話ですが、温泉についてご紹介します。

岩手 盛岡への道中 (1)

浴室から太平洋の見える温泉です。

岩手 盛岡への道中 (2)

日帰りの立ち寄り湯です。施設詳細は当エントリー最後に記載しています。

温泉に入り疲労を取り、心機一転次の観光地へ出発です。

候補地の全て回りたかったのですが、この時既に15時を回っていて全部は回れそうにありません。

・夏虫山/大船渡市

・釜石大観音/釜石市

・釜石港/釜石市

・吉里吉里駅/大槌町

・JR山田線大志田駅、浅岸駅

ホテルのチェックイン予定を19時にしていましたし、そもそも自分の体力とも相談しなければなりません。

太平洋側という理由で釜石市と吉里吉里駅を経由してホテルに行くルートをナビに入力。

すると目的地まで150km超・・・。ちょっとキツイなあ・・・。

では陸前高田から盛岡のホテルまでどれくらいなのかナビに入力。

120km超・・・。岩手広し・・・。

結局大人しく盛岡のホテルに向かうことにしました。

岩手 盛岡への道中 (3)

道中面白いものを発見。もともと鉄道の走っていた所を線路を取り払ってバスを走らせている道路です。

岩手 盛岡への道中 (4)

遠くには駅の名残らしきものが見えます。バスも見たかったのですが通ってくれませんでした。



この後はホテルに入り、そのままバタンキュー・・・、といきたかったのですが

長時間運転を続けていたからか目がさえてしまい、疲れているのに全然寝付けませんでした。

次回はようやく盛岡競馬場に関するエントリーになりそうです。



陸前高田市日帰り入浴施設 黒崎仙峡温泉(公式サイトへ移動します。)
施設名称:陸前高田市黒崎温泉保養センター

住 所 :〒029-2208 岩手県陸前高田市広田町黒崎9-41      
電話番号:0192-57-1126 
営業時間:10:00-20:00

定休日 :原則として水曜日 ※事前に施設に問い合わせる事をおすすめします。
源泉名 :黒崎仙峡温泉(くろさきせんきょうおんせん)
泉 質 :ナトリウム、カルシウム塩化物泉
知 覚 :無色透明、弱い塩味と微かな硫化水素臭あり。
適応症 :切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病

ハイブリッドカーって燃費イイですよ。

盛岡競馬場へ行く旅の初日は午前中からハイペースです。

金鶏山、毛越寺、 観自在王院跡、無量光院跡、柳之御所、高館義経堂、中尊寺、達谷窟毘沙門堂、岩面大佛

8か所9つの史跡を一気に巡りました。 

坂上田村麻呂の蝦夷征伐から源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼすまでの奥州平泉の時の流れを体感した気分です。

平泉がここまで京都を意識していたとは知りませんでした。

こりゃ京都競馬場に行かないわけにはいきません。そして平安時代の史跡をたっぷり楽しむのです!

競馬そっちのけのテンションで平泉を後にして次は盛岡ではなく太平洋側へ向かいました。

岩手県 ドライブ

道中の燃費表示。リッター28.8kmという感動的な数字が。

今まで良くて16km/L程度のガソリン車しか乗っていなかったのでとても感動しています。

600km近く走ってもまだ給油しなくていいというのも驚きです。凄いですねハイブリッドカー。

やはり耳で聞くだけでなく体験する事で理解が深まります。

さて次の目的地は陸前高田市です。東日本大震災の後一度も被災地を訪れていませんでした。

今回の東北旅行で絶対行っておこうと考えていた所です。 

テレビで見聞きするだけでは被災者の悲しみは分かりませんから。

平泉から陸前高田まで約71km。岩手県広し。 

みちのくドライブ1 仕事を終えて東京からそのまま直行

2014年のお盆休みに東北地方へドライブに行ってきました。

本ブログのタイトルからお分かりのように目的地は競馬場です。

ですが遥か400km以上離れた東北地方に競馬場へ行くだけというのも・・・。

というわけで競馬場以外の場所にも時間の許す限り行ってみました。

ドラ 東京→平泉 (5)

今回の旅の移動手段として頑張ってくれるのは某社のハイブリッドカーです。

当方ハイブリッドカー音痴で、燃費の良さとか全く知らない状態でした。

リッターうん十キロとか宣伝で謳っているけど、どうなの?

どうせ理想的な条件下で瞬間的に記録したものに過ぎないんじゃないの?

という感じでハイブリッドカーに対してどちらかというと懐疑的でした。

ですからハイブリッドカーの燃費の実態に興味があったのと、

それを明らかにするのはブログのネタ的に面白いと思った事もあり、

ところどころで燃費具合を写真に収めてみました。 

さて話は出発する少し前。

出発当日、仕事から帰ってきたのが19時過ぎでした。

ETCの深夜割引の適用を受けるには0時から4時の間に

東北自動車道に乗るか降りるかしなければなりません。

当初は一眠りして深夜3時前に出発する予定でしたが、

疲れていたので一眠りして3時前に起きる自信がありませんでした。

そこで一眠りをせず0時過ぎに東北自動車道へ乗ることにしました。 

ドラ 東京→平泉 (1)

23時15分。ぐったりした状態で出発。 

ドラ 東京→平泉 (2)

都賀西方というPA に1時前に到着。

ここで運転に支障が出そうな眠気が襲ったので1時間ほど仮眠。

エアコンをかけていない蒸し暑い車内でしたが一瞬で眠りの底に。

たかが1時間ですが寝ると気力が全然違います。

すっかりコンディションが回復し、一気に宮城県まで移動しました。

ドラ 東京→平泉 (3)

ドラ 東京→平泉(7)

鶴巣SAに4時48分到着。

鶴巣SAの前で休憩したかったのですが、どこのSAも満車でここまで引っ張る事に。

明け方はドライバーが眠くなって仮眠をとるためにSAの需要が高まるようです。

400km近くを休憩を挟みながら5時間少々で走ってきました。

燃費は23.8km/L。電気で走った割合が1%未満なのにこの燃費の良さ。

燃費の良さに感心しつつ仮眠。

宮城県に入るとエアコン無しでも涼しいです。

ドラ 東京→平泉 (4)

おはようございます。2時間近く寝ました。すっかり朝ですね。

これまで延々暗闇を走り続けていたので、朝になり緑の中を走る喜びを感じつつ車は岩手県へ。

今回の旅の目的地は岩手県にある盛岡競馬場と水沢競馬場です。

馬が走っている盛岡競馬場がメインで、水沢競馬場は旅のどこかで立ち寄る計画です。

■今回の旅のスケジュール■

1日目夜   東京出発

2日目    岩手県内をドライブ

2日目    盛岡で宿泊

3日目    盛岡競馬場

3日目    適当にドライブ

3日目深夜 東京到着

スケジュールといっても無いも同然で、行き当たりばったりの旅です。

ドラ 東京→平泉(6)

さあてこれから岩手県内をドライブです。

まずは世界遺産に登録されたあの地を訪れます。

つづきはまた今度に。