ページの先頭まであと100

この旅終えて街に帰ろう

全国の競馬場を訪問して、美味しいグルメに舌鼓を打ち、楽しいイベントに元気をもらった思い出を綴ったブログです。タイトル画像は再訪したい競馬場ナンバーワンの盛岡競馬場で撮影したトンボとダートコースです。

川崎競馬場の新しいイメージガールが稲村亜美氏に決まる。本格派右腕ですわ。

稲村亜美さんの画像を期待されたかもしれませんが画像はありません。ごめんなさい。

今週はBig Newsが幾つかありました。

・男・藤田伸二がホッカイドウ競馬で騎手復活(するかもしれない!)宣言。

・(アンカツさんのツイッターで話題の)「今は亡き」御神本騎手の騎手試験合格発表。こちらは復帰確定です。

・表題の稲村亜美氏の就任。

どれもこれもビッグな出来事です。

川崎競馬は今年3月まで谷桃子さんがイメージガールを務めていて、JBC啓蒙活動に東奔西走する活躍を見せるなど、南関競馬ファンの期待を大きく上回る活躍をされました。

前任者が頑張ると後任は辛いもので稲村さんには少し気の毒な順番回りかなと思います。

ですが心配は全くしていません。そりゃ何てったって右の大型右腕です。神様、仏様、稲村様ですよ!

野球の鉄腕稲尾投手を彷彿させる活躍を期待しています。そういえば近所にロッテの川崎球場跡があるのも何かの縁・・・、な訳ないな。全然関係ないし。

とにもかくにも川崎競馬場に新風を吹かせてくれることは間違いないでしょう。若くて元気の良いアイドルは川崎のおいちゃん達は大好きでしょうから。

交流重賞で実現するかもしれない、いわて競馬のアイドル某との競演が今から楽しみです。

1992年二冠馬ミホノブルボン亡くなる。

ミホノブルボンは戸山為夫調教師の鍛えて馬を強くする育成哲学の下で才能を開花させた名馬でした。

人も馬も鍛えないと能力を開花させるのは難しい。

故戸山調教師は当時でも調教が厳しすぎると批判されていたのですが、調教方針を変えることはせずミホノブルボンを育て上げた信念と執念の人です。

信念、執念と書くと根性論重視の人物を想像してしまいますが、当然ながら馬主、調教師、厩務員、騎手その他様々な関係者と上手くやっていかないと仕事にならないので、周りを納得させ1つの方向へリードしていく理論と説得力を持っていた調教師でした。

馬社会に限らず悪材料が出ればすぐ批判にさらされる今日において自己実現を図るために、戸山調教師の考えは実生活で役に立つかもしれません。



地方競馬見始めて5年くらいになるけど、JBCが拷問に思えてきた(笑)

当たらないよね、JBC(笑)

6頭くらいに絞れてもそこから先へ進めない。別に先に進まず三連複6頭ボックスでいいじゃんとするのも方法でしょうが、20点買いは私の馬券ガイドライン違反(なんやそれ)になるのでできません。

地方交流重賞は払い戻しが激安であるとの先入観もあるので、適当な理由を付けてギリッギリまで絞り込む。ここがハズレる原因になっています。

結果を見ればJRA同士の決着でも20数倍もついて、ああ単純に買えばよかったとなるわけです。

016

今年も勝利を掴めんかった競馬野郎でした。

2016年のJBCではソルテが中央勢を負かして優勝するのではと期待していたのですが、残念ながら夢はかないませんでした。代わりにといっては何ですがレディスクラシックで地方馬が3着に食い込みましたね。

JBCにおける地方馬の位置づけが年々難しくなっている中で、馬券に絡んで存在感を示したことには大きな意味があったと思います。

地方所属馬の関係者のSNSを拝見するとJBCにかける熱意が伝わってくるので、5年に1頭でもいいので有力馬主が中央勢を脅かす馬を地方の厩舎に預託して欲しいなあと願っています。

017
 
現地観戦してないので川崎競馬場前商店街で呑むわけにはいきませんでした。もっとも行っても素寒貧になり、どこにも立ち寄らず首をすぼめて南武線に乗っていたでしょう。

2017年は大井開催が決まっていて、また近場かよといった思いです。JBCは遠征も楽しみのひとつなんですよ。だからその点において2015,2016年のJBCは面白くなかったですわ。早くも2018年の開催地に期待を寄せています。

東京地方は夜になると冷え込むようになりました。体に気を付けて次のJBCまで頑張りませう。私は来年JBCやるかどうかわからんけどね。

※最近ツイッターで呟いている事はここと無関係です。 

今週木曜日はいよいよJBCだけど水曜日のロジータ記念も忘れちゃいけない。いずれにしても川崎競馬場が燃え上がるという話です。

こんばんは。気が付けばJBCウィークに入ってしまいました。

盛岡JBCがついこの前のように思い出されますが、あれからもう2年も経っているとは時の流れの速さは恐ろしいものです。

覚えている方は沢山いらっしゃると思いますが、2014年JBC盛岡は岩手のアイドルふじポンさんが応援団長として精力的に活動してJBCの成功に貢献されました。

5c4b6ff6.jpg

そのときのキャラバンの隊員だった谷桃子さんが今回のJBCの顔になっていて、JBCならではの連続性を感じられて、地方競馬をウオッチしていてよかったとしみじみ思うわけです。

※JBCはタレントさんと距離が近いイベントなので、ファンは応援に行かれる事をお勧めします。但、タレントさんが嫌な気持ちになる行為は控えましょう。

そんなこんなで今年のJBCですが、川崎でやるならちょっくら行ってみるべ、という競馬ファンもいるのではないでしょうか。川崎競馬場は2016年に改装して新しくなりました(改装して古くなる事は有り得ないが・・・)。

隣接する商業施設と融合した空間になっていて、え?これがあの川崎競馬場!?と驚かれる方もいると思います。

007

え?ここどこ!!?正解は川崎競馬場です。

025
 
JRAより綺麗になってしまった馬券売り場。空調も完備。これまでの銅線に電気を流して温める特殊機器は無くなりました。

022
 
うっそーん!?みよしタンメンと志ら井の煮込みのあった食堂がフードコートに変身!!

011
 
何だ!!万券通りって!!!本命買ってる場合じゃないなこりゃ!!!!!

017
 
わっしょーいい。勝利の美酒に酔ってへべれけな人たちで一杯だ! ボクもアタシもこの酔っ払いに続けぇーーぃ!※飲酒運転はいけません。

といった感じで川崎競馬場はトンデモな場所になってしまいました。これは現地へ行って体感して欲しいレベルです。 

川崎競馬場場内散歩

川崎競馬場グルメ特集前編

川崎競馬場グルメ特集後編

川崎競馬場駐車場情報

別サイトにて川崎競馬場についてまとめていますので、宜しければお立ち寄りください。上記リンクからアクセスいただけます。

いよいよ府中にも秋が到来。

おはようございます。秋と言えば食欲の秋、スポーツの秋、そして天皇賞秋です。

今週の東京競馬場は天皇賞秋が行われ、盛岡競馬場では知床賞が行われます。

東京競馬場では既に天皇賞秋モードが満開となり、すっかり秋の府中の風情です。

001
 
東京競馬場の中はハロウィーンなんかドコフクカゼ。

002
 
至る所に天皇賞。

003
 
今年の勝ち馬は何だろう。何でもいいや。知床賞で勝負しよかな(笑)

005
 
晴れたらいいね。当たったらもっといいね。byドリームズカムツルー。 

なお2016年天皇賞秋の予想を別サイトにて公開しています。よろしければご覧ください。

天皇賞秋2016年予想 
こちらから連携ホームページへ移動できます
全国競馬場漫遊記 300×96

連携ホームページでは競馬場内の様子やグルメ情報そして競馬場周辺のホテル情報等を載せています。
日帰りファンから旅打ちファンまで楽しんでもらえるホームページを目指しています。
QRコード
QRコード
全国の競馬人のブログを見るならこちらが近道
競馬場トピックス